スチュワードシップ活動に必要な実力を備えるための研鑽の場を提供し、適切なスチュワードシップ活動を行うための環境整備に資することを目指します。
ブログ

企業開示

新型コロナウイルスによる危機を乗り越え、健全な事業活動の為に

投函者(三井千絵) 金融庁は5月21日、「新型コロナウイルス感染症の影響に関する企業情報の開示について」という文書を発表した。3月決算企業の決算が次々と発表され、有価証券報告書提出が近づくなか、あらためて今年の開示につい …

減損緩和は助けになるのか?

投函者(三井千絵)   減損見送り? 4月3日、日経新聞の一面に次のような記事が掲載され、投資家やアナリストを驚かせた。「店舗・工場の減損見送り 金融庁など新型コロナに対応」 記事には次のように書かれていた。「 …

Key Audit Mattersがやってきた!

投函者(三井千絵)   3月27日、キヤノンが有価証券報告書を提出した。この監査報告書は今年から早期適用となったKey Audit Matters(監査上の主要な検討事項、以下KAM)の記載がなされる新しいレイ …

英国市場規制当局、現状下で求められる開示のガイダンス公表

投函者(三井千絵) 英国3当局による共同声明 英国で市場に関わる3つの行政当局FRC(Financial Reporting Council)、FCA(Financial Conduct Authority)、PRA(P …

新型コロナウイルスのリスク開示をいかに行うか? 豪会計基準審議会FAQを公表

ーー今こそ試されるマネジメントの力量ーー 投函者(三井千絵)   オーストラリア会計基準評議会のFAQ オーストラリア会計基準評議会(AASB)は、コロナウイルス感染の拡大から予想される財務報告とその監査に向け …

有価証券報告書を評価することの意義  — 金融庁「開示好事例集」に思う

投函者(三井千絵)   金融庁は11月29日、有価証券報告書の「開示の好事例集」を更新した。 これは2019年3月末から適用された開示府令の改正(一部は今年は早期適用)にあわせ、金融庁が取り組んできたもので、今 …

このブログのページは、当研究会の会員が自由に個人の意見を発信する場です。掲載されているブログの内容は、各筆者個人の見解であり、スチュワードシップ研究会または各筆者が所属する組織の意見を代表するものではありません。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.