スチュワードシップ活動に必要な実力を備えるための研鑽の場を提供し、適切なスチュワードシップ活動を行うための環境整備に資することを目指します。
ブログ

株主総会

株主総会、議決権行使に関する取り組みや課題

人手不足への対処を問う個人投資家(2024年株主総会2)

投函者(三井千絵) 2024年5月総会の企業も先週までに無事総会を終えた。2社しか見ることができなかったが、業種の異なる2つの会社で、共通したのは人手不足に対する経営者/取締役会の心構えに関する質問が目についたことだった …

株主の権利、カルパースがエクソンの全取締役候補に反対する理由

投函者(三井千絵)   株主提案を行った株主に対する訴訟 5月20日、カルパースは自社のHPに意見を公表した。タイトルは「カルパースがエクソンモービル(以下、エクソン)取締役会に反対票を投じる理由」。カルパース …

株主総会は有報の後に — 有報をもとに株主総会の議論を —

投函者(三井千絵) 4月3日、岸田首相は「有価証券報告書の開示時期を株主総会前にする環境整備について、金融庁を中心に検討を進める」と表明、その背景はこれが「海外の投資家からの要望」と理解されているため、今回は少し前進する …

親子上場、役員報酬、事業戦略、経営者に問う個人株主 (2024株主総会 1 )

投函者(三井千絵) プライムに残る条件 2024年が始まりはや3ヵ月がたち、今年も株主総会シーズンがやってきた。 ここ数年にはない寒さが長引く3月だったが、後半になると12月末決算企業の株主総会が開催されはじめた。オンラ …

株主総会2023その7 6月のオンライン株主総会 (後編)

投函者(三井千絵) 前編に続き、今年の株主総会について幾つか取り上げる。   グローバル企業と地元の株主 武田薬品工業(以下、武田)もオンラインには動画の配信のみで、質問は事前に提出する方式だ。大阪の帝国ホテル …

株主総会2023その6 6月のオンライン株主総会 (前編)

投函者(三井千絵) 株主総会シーズンが終わって、1ヶ月たち、少し振り返る余裕ができた。 今年はコロナ禍によるロックダウン後4回目の株主総会シーズンだ。3年前の2020年には、あわててオンライン対応を行った会社もあった。そ …

株主総会2023その5 気候変動株主提案のこれから – J-POWERの場合 —

投函者(三井千絵) 2度目の気候変動株主提案 6月28日、電源開発株式会社(J-Power)の第71回株主総会が行われた。これに先立ちJ-Powerは、昨年に続き2回目の海外機関投資家からの気候変動関連株主提案を受けてい …

株主総会2023その4 会社の主権を現場に戻す  — トヨタの場合 —

投函者(三井千絵) 豊田章男氏の14年間の総括 6月14日、トヨタ自動車株式会社(以下トヨタ)の第119回株主総会が行われた。議長は会長の豊田章男氏だ。出席した株主は第一会場(ホール)だけでは収まらず、同じ建物の中に別途 …

株主総会2023その3 Jリートのガバナンスの課題を考える

投函者(ミライ)   新たなガバナンスの議論の始まり 2023年度、コロナ明けの日本のコーポレートガバナンスの議論は、眠りから醒めたかのように再活性化している。東証では今年初めに発表を行った「市場区分の見直しに …

株主総会2023その2 コロナ禍明けのオンライン総会 — 安川電気の場合 —

投函者(三井千絵) 2023年度の株主総会シーズンがやってきた。5月に入り「新型コロナウイルス感染症」の位置付けが5類の感染症になると、気温の上昇と共に街角や公共交通機関でマスクを外す人が増えた。多くの企業がオフィスへの …

1 2 3 »
このブログのページは、当研究会の会員が自由に個人の意見を発信する場です。掲載されているブログの内容は、各筆者個人の見解であり、スチュワードシップ研究会または各筆者が所属する組織の意見を代表するものではありません。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.